メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

アネッサ 熱砂でも美しい肌願い

 日本の日焼け止め化粧品市場で今年まで15年連続シェア1位を誇る資生堂の「アネッサ」。1992年に発売され、高い紫外線防御効果が売り物だ。

 かつては小麦色の肌が健康美の象徴とされ、日焼けへの危機感は少なかった。しかし80年代半ば以降、紫外線が肌の老化につながるほか、皮膚がんの発生リスクを高めるという研究結果が相次ぎ、日焼け止め市場が広がった。

 資生堂の日焼け止めクリームの歴史は長い。戦前の23年に、既に日焼け止め商品を発売していた。アネッサは、「より高い紫外線防御効果を持つ日焼け止めを」と開発に取り組んだ。商品名は、日に焼けた熱い砂「熱砂」から。「熱砂になるような過酷な紫外線下でも、肌は美しいままでいられるように」という願いを込めてのネーミングだった。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  3. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです