メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

検証、2ステージ制 Jリーグ、再生への模索/下 目立った分かりにくさ

 「ここで(試合を)落としていたら、1年間の頑張りを自信につなげるのが難しかった。ほっとしている」。チャンピオンシップ(CS)決勝後の記者会見で、年間優勝を決めた広島・森保一監督が安堵(あんど)の表情を浮かべた。敗れれば年間勝ち点1位を獲得した苦労が水泡に帰しただけに、重圧はやはり大きかった。

 11年ぶりに復活した2ステージ制はCS制度の分かりにくさを指摘する声が目立った。CSには年間勝ち点1位から3位と第1、第2ステージ覇者の最大5チームが出場可能。ただ、重複した場合の繰り上がりはないため、実際の出場チーム数が分かりにくい。今季は第2ステージ覇者の広島が年間勝ち点1位、第1ステージ優勝の浦和が同2位になり、同3位のガ大阪との3チームで争われた。

 2004年まで行われたCS制度はシンプルだった。第1ステージと第2ステージの優勝チームがホームアン…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 新国立競技場でラグビー大学選手権決勝を開催 来年1月11日

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです