メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイド

検証、2ステージ制 Jリーグ、再生への模索/下 目立った分かりにくさ

 「ここで(試合を)落としていたら、1年間の頑張りを自信につなげるのが難しかった。ほっとしている」。チャンピオンシップ(CS)決勝後の記者会見で、年間優勝を決めた広島・森保一監督が安堵(あんど)の表情を浮かべた。敗れれば年間勝ち点1位を獲得した苦労が水泡に帰しただけに、重圧はやはり大きかった。

 11年ぶりに復活した2ステージ制はCS制度の分かりにくさを指摘する声が目立った。CSには年間勝ち点1位から3位と第1、第2ステージ覇者の最大5チームが出場可能。ただ、重複した場合の繰り上がりはないため、実際の出場チーム数が分かりにくい。今季は第2ステージ覇者の広島が年間勝ち点1位、第1ステージ優勝の浦和が同2位になり、同3位のガ大阪との3チームで争われた。

 2004年まで行われたCS制度はシンプルだった。第1ステージと第2ステージの優勝チームがホームアン…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです