イラク軍

ラマディ南西部ISから奪還 街中心部を包囲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ秋山信一】イラク軍などは8日、過激派組織「イスラム国」(IS)が実効支配する西部アンバル県の県都ラマディ南西部のタミーム地区を制圧した。AP通信が報じた。政府側はラマディ中心部への包囲網を狭めているが、IS側も数百人規模の部隊が抵抗を続けている。

 報道によると、政府軍は地元のイスラム教スン…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集