メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州難民

11月末までにドイツ入国96万5000人

ドイツの難民申請者数

 【ベルリン中西啓介】ドイツ内務省は今年11月末までに中東などから入国した難民らが96万5000人になったことを明らかにした。政府は年間難民申請者数を80万人と予想してきた。実際の申請者は入国者数より減少するが、波紋が広がっている。未処理の難民申請も35万5000件に上っており、政府の事務処理の遅れに批判が集まっている。

 内務省によると、11月に国内の簡易システムに登録された難民申請希望者は約20万6000人と10月の約18万1000人を上回った。独では既に約42万5000人が難民申請しており、ボスニア紛争の影響で、戦後最多の約44万人を記録した1992年を上回るのは確実とみられている。申請受理に大幅な遅れがあり、最終的に申請者数がどこまで膨らむかは予想困難だ。国内の一時収容施設では難民同士の衝突が断続的に起きて…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. ORICON NEWS ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」

  3. 新型コロナ 安中の感染女性、ヨコオ工場勤務 /群馬

  4. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです