シャープ

液晶事業売却先、サムスン浮上

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2015年9月中間連結決算発表の記者会見をするシャープの高橋興三社長=東京都港区で2015年10月30日、長谷川直亮撮影
2015年9月中間連結決算発表の記者会見をするシャープの高橋興三社長=東京都港区で2015年10月30日、長谷川直亮撮影

 経営再建中のシャープの液晶事業の売却先として、韓国・サムスン電子が新たに浮上していることが8日分かった。シャープの液晶事業を巡っては、ジャパンディスプレイ(JDI)が、官民ファンドの産業革新機構の資金提供を受けて子会社化する案が本命視されている。また、台湾の電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業への売却も検討されている。ただ、いずれの交渉も売却額などを巡って難航する可能性があるため、シャープの主力取引銀行のみ…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

あわせて読みたい

ニュース特集