メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北京大気汚染

原因抑え込みに 初の「最悪」警報発表で

 【北京・西岡省二】北京市は8日も大気汚染が深刻化し、濃いスモッグが立ち込めて鼻をつく悪臭が漂っている。PM2・5(微小粒子状物質)の濃度が1立方メートル当たり300〜400マイクログラム程度で推移し、日本の環境基準値(35マイクログラム)の10倍程度に達した。市はこの状態が10日まで続くとして、最も重い「赤色警報」を7日夕に初めて発表し、汚染源の抑え込みに入っている。

 「北京は晴天とスモッグのどちらが通常なのか」。市中心部、王府井。医療用マスクで顔を覆った公務員の女性は、こう不満を口にしながら足早に職場に向かった。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです