メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・世界はいま

パリ同時多発テロの衝撃=中西啓介(毎日新聞ベルリン支局、パリ発)

パリ同時多発テロで最多の犠牲者が出たバタクラン劇場前でろうそくを供える人たち=パリで11月17日、中西啓介撮影

ISに傾倒する移民系の若者

 過激派組織「イスラム国」(IS)が、パリと近郊のサンドニで11月13日夜に起こした同時多発テロは130人が死亡する仏国内で戦後最大のテロに発展した。事件は9人の実行犯が3グループに分かれ行ったことが明らかになっている。このうち少なくとも2人はパリ近郊の出身だ。移民系の割合が高く低所得者層が多い郊外の地域は以前から「若者の過激化の温床になっている」(仏社会学者)と指摘されてきた。だが、容疑者の生い立ちを調べていくと、一般的な過激派のイメージではとらえきれない複雑な背景が浮き彫りになる。

 連続テロの現場でもっとも多くの犠牲者を出したパリ中心部バタクラン劇場。ここで自爆したとみられるのが、サム・アミムール容疑者(28)だ。彼はパリ郊外のベッドタウン・ドランシー市で、販売員の父と市職員の母、2人の姉妹がいる家庭で育った。家族を昔から知るラガルデ市長は事件直後の記者会見で、「スポーツ好きなとても恥ずかしがり屋の少年だった」と幼かった容疑者を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り1822文字(全文2263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです