メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地球温暖化防止活動環境大臣表彰

「とちぎ生涯学習研究会」選出 どんぐり運動評価「今後も環境教育で貢献」 /栃木

グループワークでまとまった案を発表する参加者=宇都宮市で

 宇都宮大学の学生たちが中心となって活動するNPO法人「とちぎ生涯学習研究会」(宇都宮市)が、地球温暖化防止に貢献した個人や団体に贈られる2015年度の地球温暖化防止活動環境大臣表彰(環境省主催)に選ばれた。環境教育活動部門で、どんぐりの実から苗木を育てて植樹する「どんぐりから苗木一本運動」が認められた。柴田法幸代表は「地域の人々や学生が長年にわたり活動を支えてくれたおかげ。今後も環境教育を通して社会に貢献したい」と喜ぶ。【野口麗子】

 研究会は2005年6月設立。09年度から、子どもたちが山で拾ったどんぐりの実を校庭などに埋め、3〜…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1279文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです