メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

てんかん、正しく理解を 治療で8割、発作抑制 本人に自覚ない場合も

主なてんかんの発作

 てんかんの持病を持つ人が車の運転で事故を起こすと、「すぐに病気と結びつけられる」と患者団体などが懸念を訴えている。てんかんは100人に1人程度がかかる珍しくない病気だが、誤解や偏見は根強いという。患者を取り巻く現状や治療の課題を探った。

 てんかんは脳の神経細胞に電気信号が過剰に送られ、急な動きの停止やけいれんを不定期に繰り返す病気だ。かつては患者の性格に攻撃性や暴力傾向が高いとの報告もあったが、医学的・心理学的な証明はなく、世界保健機関(WHO)が性格との関連を否定している。

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです