メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

被爆70年、惨禍伝えたい 懐中時計、投下時刻の針折れる 金属劣化か、資料館「対策急務」

 広島市の原爆資料館に展示されている代表的な遺品で、原爆投下時刻の午前8時15分で止まったままの懐中時計の短針が折れていたことが、9日分かった。金属の劣化が原因らしい。同館の展示資料の多くは、原爆による傷みに加えて経年劣化が進んでいる。資料館は「原爆の惨禍を将来にわたって伝えるためにも対策は急務だ」と懸念しており、「被爆70年以降」の課題となっている。

 懐中時計は二川謙吾さん(当時59歳)の遺品。二川さんは1945年8月6日、建物を取り壊す作業に向かう途中に被爆し、同22日に死亡した。懐中時計は息子の一夫さんから贈られた品で、肌身離さず持ち歩いていたという。一夫さんが75年に資料館へ寄贈し、本館の被爆再現人形のそばで展示されていた。今夏の館内清掃時、短針の先端が折れているのが分かり、現在は製作済みだったレプリカを展示している。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです