メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民税調

税制改正大綱を了承 軽減税率、決定目指す

 自民党税制調査会は10日午前、総会を開き、消費税の軽減税率を除く2016年度税制改正大綱の項目を了承した。軽減税率については、自民、公明両党が生鮮食品と加工食品を含む食料品(酒類、外食を除く)を対象にすることで合意しており、両党の幹事長が10日にも正式決定に向けて会談する方向だ。

 税制改正大綱は、企業の利益にかかる法人税の実効税率を現行の32.11%から16年度に29.97%に引き下げることなどが柱で、軽減税率を除く項目が了承され、ほぼ全容が固まった。自民、公明両党の幹事長による協議を経て軽減税率の合意内容を追加し、両党で党内手続きを進めたうえで16年度与党税制改正大綱を決定する。

 自公は9日、軽減税率の対象を制度導入時から食料品全般とすることで合意した。ただ、対象拡大に慎重姿勢を示してきた自民党内からは不満の声が相次いでいる。党幹部は「(合意に沿った)法律は作れるけど、その後、大混乱が起きる」と批判。税調幹部は「財政規律に影響が出る」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです