メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野坂昭如さん死去

「戦後圧殺」に警鐘

作家の野坂昭如さん

 黒メガネの「焼け跡闇市派」−−野坂昭如さんは戦後70年の日本の姿をその目に焼き付け、この世に別れを告げた。直木賞受賞作「火垂るの墓」では、少年時代に過ごした神戸市や兵庫県西宮市を舞台に、自身の戦争体験を色濃く反映したストーリーを展開。兵庫の人々らとの交流と平和への思いは、晩年まで途切れることはなかった。

 「火垂るの墓」の主人公は、太平洋戦争末期、1945年の神戸大空襲で母と家を失った兄と妹。親戚宅に身…

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1546文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです