メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野坂昭如さん死去

「戦後圧殺」に警鐘

作家の野坂昭如さん

 黒メガネの「焼け跡闇市派」−−野坂昭如さんは戦後70年の日本の姿をその目に焼き付け、この世に別れを告げた。直木賞受賞作「火垂るの墓」では、少年時代に過ごした神戸市や兵庫県西宮市を舞台に、自身の戦争体験を色濃く反映したストーリーを展開。兵庫の人々らとの交流と平和への思いは、晩年まで途切れることはなかった。

 「火垂るの墓」の主人公は、太平洋戦争末期、1945年の神戸大空襲で母と家を失った兄と妹。親戚宅に身…

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1546文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです