サッカー

冠スポンサーに中国・アリババ…クラブW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、東京都内で記者会見を開き、10日に開幕するクラブワールドカップ(W杯)の冠スポンサーに中国の電子商取引最大手、アリババグループの自動車ブランド「アリババEオート」がつくと発表した。期間は今年から2022年大会までの8大会。

 クラブW杯は、トヨタ自動車がメインスポンサーだったが、昨年限りで契約期間が終わり、FIFAは新スポンサーを探していた。

 FIFAは現在、汚職問題や幹部の逮捕などが続き、記者会見したバイル・マーケティング部長は「FIFAは困難に直面しており、スポンサー契約は簡単ではなかった」と影響を認める。日本で行われるため、日本企業を探していたが「多くは(20年の)東京五輪を見ていた」という。一方、中国企業と契約したことについては「中国は大きく魅力的な市場で、FIFAにもメリットは大きい」と期待を寄せる。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文604文字)

あわせて読みたい

ニュース特集