メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

晩さん会 心ゆくまで「和」の祝宴 カミオカンデの岐阜・飛騨でも喜び

梶田さん、全然飽きない/全部おいしい、大村さん

 【ストックホルム藤野基文】ノーベル賞の受賞者を祝福する晩さん会が10日(日本時間11日未明)、ストックホルム市庁舎の「青の広間」で開かれた。授賞式を終えたばかりの大村智・北里大特別栄誉教授(80)と梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)が出席し、王族らが列席する華やかな祝宴を楽しんだ。

 晩さん会にはえんび服やドレス姿の正装した1350人が参加。ファンファーレが鳴り響くと、明るいクリー…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです