メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼうさい甲子園

県立盲学校が特別賞 視覚障害への理解広める /香川

視覚障害者にも過ごしやすい避難所の設営を試みた昨年度の防災合宿の様子=高松市扇町の県立盲学校で2014年7月、伊藤遥撮影

 優れた防災教育や活動を顕彰する今年度の「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社など主催=で、地域住民や地元大学と連携している県立盲学校(高松市扇町)が、安心・安全なまちづくりを目指す、優れた取り組みに贈られる特別賞「だいじょうぶ賞」に輝いた。

 県立盲学校は、避難訓練(6月)や、1泊2日で避難所生活を体験する防災合宿(9月)に地域住民や消防士、企業関係者などを招き、共助体制を構築。また、香川大危機管理研究センターなど地元研究機関とも連携し、資材、知識の提供…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです