メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼうさい甲子園

県内から3校受賞 奨励賞・県立大「イケあい」、須崎高 津波ぼうさい賞・愛宕中 /高知

「ぼうさい甲子園」で奨励賞を受賞した「イケあい地域災害学生ボランティアセンター」のメンバー=高知市永国寺町の県立大永国寺キャンパスで、岩間理紀撮影

 優れた防災教育や活動を顕彰する今年度の1・17防災未来賞「ぼうさい甲子園」(毎日新聞社、兵庫県など主催)で、県内からは奨励賞に県立大(高知市)の学生グループ「イケあい地域災害学生ボランティアセンター」と、県立須崎高(須崎市)が、特別賞の「津波ぼうさい賞」に高知市立愛宕中(同市相模町)が輝いた。

避難所設置ゲーム、評価 県立大・イケあい

 「イケあい地域災害学生ボランティアセンター」は東日本大震災を機に2013年に結成し、現在のメンバーは84人。高知市の三里地区を中心に、高齢者施設での避難訓練などのボランティア活動に加え、南海トラフ巨大地震など災害時に全国から集まる災害ボランティアを指揮し地域とつなぐ「ボランティアコーディネーター」の養成訓練にも積極的に取り組んでいる。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです