メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・気象・防災

温暖化でも「ドカ雪」 厳冬期、局地的に

西高東低の冬型の典型的な天気図。この日は日本海側だけでなく、雪雲が流入した太平洋側の平野部でも雪になった=気象庁提供

 地球温暖化が叫ばれる一方で、日本では毎冬、大雪による被害が後を絶たない。温暖化と冬の寒さや降雪の関係は、どうなっているのだろう。

 昨年、40年ぶりに大雪による災害対策本部を設置した秋田県。雪害による死傷者数は2010年度から3年連続で200人を超え、13〜14年の大雪では果樹を中心に約18億円の農作物被害が出た。県の雪害対策の担当者は「近年、局地的で急激な積雪が増えた印象がある」と語る。

 日本は「豪雪地帯」の指定面積が国土の約半分を占め、範囲は北海道から山陰までの計24道府県532市町…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1476文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです