メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴力団対策法

北九州市・工藤会の特定危険指定を1年延長

 福岡、山口両県の公安委員会は10日、暴力団対策法に基づく「工藤会」(北九州市)の特定危険指定の延長を決めたと発表した。期間は27日から1年間で、延長は3回目。

 工藤会を巡っては、トップで総裁の野村悟被告(69)が昨年9月以降、殺人容疑などで計6回逮捕されるなど多くの幹部が逮捕・起訴された。その後も執行部が変わらず、みかじめ料(用心棒代…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 首相が誇示する「日本モデル」はどこまで有効か 冬の再流行の懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです