メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆時計

針折れる 広島資料館の収蔵資料約2万点、劣化進む

二川謙吾さんの懐中時計。原爆投下時刻を示す短針が先端で折れていた=二川一夫さん寄贈、原爆資料館蔵・提供

 広島市の原爆資料館に展示されている代表的な遺品で、原爆投下時刻の午前8時15分で止まったままの懐中時計。金属の劣化が原因らしい。同館の資料の多くは、原爆による傷みに加えて経年劣化が進んでいる。資料館は「原爆の惨禍を将来にわたって伝えるためにも対策は急務だ」と懸念しており、「被爆70年以降」の課題となっている。

 懐中時計は二川謙吾さん(当時59歳)の遺品。二川さんは1945年8月6日、建物を取り壊す作業に向か…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請
  5. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです