メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

授賞式 「万歳三唱」届いたかな 未明の中継、感無量 /山梨

メダルを受け取った大村智さんを祝福し、万歳する地元住民ら=韮崎市役所で

 韮崎市出身の北里大学特別栄誉教授の大村智さん(80)がノーベル医学生理学賞を受賞した11日未明、地元の市役所ではストックホルムであった授賞式の様子を伝える中継映像の観覧会があった。住民や母校・山梨大の学生ら約200人がスクリーン越しに大村さんの栄誉を祝福した。=一部地域既報【松本光樹】

 会場の大会議室は立ち見が出るほどの熱気に包まれた。観覧会では、約3メートル四方の大型スクリーンでノーベル財団が配信した中継映像を流した。

 大村さんの名前が呼ばれ、表情がアップで映し出されると、来場者は拍手喝采。式場でファンファーレが鳴り…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです