メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法律のツボ

ベランダでの喫煙、法的に止められる? /大阪

 住んでいる分譲マンションで、しばしばタバコの煙がどこからか流れてきて部屋に入ってきます。隣か下の部屋の人がベランダでタバコを吸い、その煙が流れてきているようです。ベランダでの喫煙を規約では禁じていませんが、法的に何とかできないものでしょうか。(実例を基に構成しています)

 マンションのベランダは「共用部分」で、利用については管理規約などで規定することができます。マンションの購入者(区分所有者)は、それぞれの「専有部分」に接するベランダの専用使用権が認められており、日常的に使用できます。

 タバコの煙が喫煙者だけでなく、その周辺で煙を吸い込む人の健康にも悪影響を及ぼす恐れのあることは公知の事実です(健康増進法25条)。もしも喫煙者が、他の居住者に著しい不利益を与えていることを知りながらベランダでの喫煙を継続し、防止措置を何もしない場合、喫煙者に対して不法行為に基づく損害賠償を請求をすることもあり得ます。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです