メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝

あす号砲 22チーム、女王の座かけ 師走の東北、駆け抜けろ(その2止)

全日本実業団対抗女子駅伝 コース図

連続アップダウン

 松島町をスタートし、国道45号を南下して利府町、塩釜市、多賀城市を経て仙台市に至る6区間42・195キロのコース。アップダウンが多く、最大高低差は43・5メートルある。

 1区(7・0キロ)は2・4キロ付近から始まる上りが最初の難関で、その後も勾配が連続する。2区(3・9キロ)はスタート直後から緩やかな下りが続き、スピード勝負が予想される。最長の3区(10・9キロ)は各チームのエースが起用される重要区間。比較的平たんで見通しの良い直線が続き、好不調や実力がはっきりとタイムに表れそうだ。

 4区(3・6キロ)は最も短く、外国人選手の起用区間で高速レースが期待される。5区(10・0キロ)は…

この記事は有料記事です。

残り1727文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです