メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にゅーす360度

紙面審査委員会から 輸出が農業を救う?

 <こういう視点も>

 農林水産省が8日、今年1〜10月の農林水産物の輸出額が前年同期比23・2%増の6029億円に上ったと発表しました。新聞各紙は9日朝刊で、年間では昨年の6117億円を上回って過去最高になることが確実だと報じました。

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の大筋合意を受け、政府は11月25日に国内対策をまとめましたが、農産物輸出の拡大も柱の一つになっています。TPPで農産物の輸入が増えても、一方で輸出を増やせば国内農業を維持でき「成長産業」に変えることも可能というわけです。対策では「2020年までに輸出額1兆円」という政府目標の前倒しも打ち出されました。

 この間のメディアの報道ぶりは、政府の方針に対し課題を指摘しつつも、おおむね肯定的です。近年の農産物…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文866文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです