シリア和平会議

14日にパリで 15日には米露で協議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明】シリアでの内戦停止と政治移行を目指す国際調停に関連し、ケリー米国務長官は14日パリで関係国の閣僚級会合に出席する。ケリー氏は15日にモスクワでロシアのプーチン大統領、ラブロフ外相と会談してシリア問題や過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦などを協議する。国務省が11日発表した。

 米国は18日にニューヨークでシリア支援国の会合を開催し、国連主導の停戦調停や、アサド政権と反体制派の話し合いの推進方法などを詰める予定になっている。パリやモスクワでの会合はこの地ならしの意味があると見られる。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集