メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

授賞式 大村さん、梶田さん晴れ舞台

[PR]

 2015ねんのノーベルしょう授賞式じゅしょうしきが10とおか日本時間にほんじかん11日未明にちみめい)、スウェーデンのストックホルムのコンサートホールでひらかれ、医学生理学賞いがくせいりがくしょう受賞じゅしょうした大村智おおむらさとし北里大学特別栄誉教授きたさとだいがくとくべつえいよきょうじゅ(80)と、物理学賞ぶつりがくしょう受賞じゅしょうした梶田隆章かじたたかあき東京大学宇宙線研究所長とうきょうだいがくうちゅうせんけんきゅうしょちょう(56)が、カール16せいグスタフ・スウェーデン国王こくおうからメダルと証書しょうしょりました。

     大村おおむらさんは「言葉ことばにならないくらい感動かんどうした。くなったつま文子ふみこさん)に『しきだったよ』とつたえたい」とはなしました。梶田かじたさんは「無事ぶじわってかった。たのしめました」と笑顔えがおせました。

    はなやかにばんさんかい

     2ふたり式後しきご、スウェーデン国王こくおうらとのばんさんかい出席しゅっせき。はなやかな雰囲気ふんいきなか来賓らいひんらとの会食かいしょくたのしみました。

     日本にっぽんのノーベル賞受賞しょうじゅしょうは、昨年さくねん物理学賞ぶつりがくしょう受賞じゅしょうした赤崎勇あかさきいさむ名城大学終身教授めいじょうだいがくしゅうしんきょうじゅら3にんつづく2年連続ねんれんぞく快挙かいきょ医学生理学賞いがくせいりがくしょうは、12ねん山中伸弥やまなかしんや京都大学教授以来きょうとだいがくきょうじゅいらいねんぶりとなります。日本にっぽん受賞者じゅしょうしゃは、アメリカ国籍こくせき南部陽一郎なんぶよういちろうさん(08年物理学賞ねんぶつりがくしょう故人こじん)と中村修二なかむらしゅうじアメリカ・カリフォルニア大学だいがくサンタバーバラ校教授こうきょうじゅ(14年物理学賞ねんぶつりがくしょう)をふくめ24にんになりました。平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしき同日どうじつ、ノルウェーのオスロでひらかれました。

    大村智おおむらさとしものがたり」刊行かんこう

     ノーベル医学生理学賞いがくせいりがくしょう受賞じゅしょうした大村智おおむらさとしさんの半生はんせいえがいた「大村智おおむらさとしものがたり」=写真しゃしん=が10とおか毎日新聞出版まいにちしんぶんしゅっぱんから刊行かんこうされました。ども時代じだいから、夜間高校やかんこうこうおしえていた教師時代きょうしじだい研究者けんきゅうしゃとしての活躍かつやく、ノーベル賞受賞しょうじゅしょうまでが小中学生向しょうちゅうがくせいむけにかれています。どもたちへけた大村おおむらさんからのメッセージも収録しゅうろくしています。馬場錬成著ばばれんせいちょ四六判しろくばん192ページ、1188えん

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです