メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

紳士服専門手直し店社長・福田穣さん /愛知

 紳士服専門の老舗手直し店「リフォームスタジオ」を運営する中部繊維工業(本社・名古屋市中区)の3代目社長。採寸を担うフィッターが応対、体形や流行に合わせた改良から、「形見を直したい」など、あらゆる要望に職人らがミシンを踏んで応える。「他店で断られたものでも引き受けます。愛着を大事にしたい」と話す。

 同社は1961年、祖父が興したオーダースーツ工房が始まりだ。翌年、名古屋駅前の名鉄百貨店内に補正店を開設。70年代、国内外の有名ブランドからも依頼を受け、1日200〜300着の注文が舞い込んだ。

 2代目の父正則さん(73)から老舗店を継いだのは2010年。郊外のショッピングセンターや格安衣料品店の台頭で、往事の勢いはなくなっていた。15人の職人は腕こそ衰えていないものの、60代後半が中心で、技術継承の課題を感じた。そこで客の要望に直接、応える個人受注に力を入れた。「お直しはお客様の思いを紡ぐ仕事。若い人が誇りを持って働ける職場づくりをしたかった」との思いがあった。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです