メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 パリ協定合意へ 削減、実効性に不安

 京都議定書以来となる地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」が12日、パリで開かれていた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で採択される見通しとなった。温室効果ガス削減目標達成の義務化は見送られ、対策の実効性には懸念も残るが、国際社会が温暖化の抑制に大きくかじを切る中、化石燃料に依存しない「脱炭素」を基本とするビジネスが本格化し始めた。【パリ渡辺諒、矢野純一、坂井隆之】

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2216文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  2. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席
  3. 未承認薬 社長を書類送検 有印私文書偽造容疑 大阪
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです