メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 パリ協定合意へ 削減、実効性に不安

 京都議定書以来となる地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」が12日、パリで開かれていた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で採択される見通しとなった。温室効果ガス削減目標達成の義務化は見送られ、対策の実効性には懸念も残るが、国際社会が温暖化の抑制に大きくかじを切る中、化石燃料に依存しない「脱炭素」を基本とするビジネスが本格化し始めた。【パリ渡辺諒、矢野純一、坂井隆之】

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2216文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです