メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ノーベル賞・大村智さん「実学の精神」 人の役に立ちたい

医学生理学賞の記念講演をする大村智・北里大学特別栄誉教授=ストックホルムのカロリンスカ研究所で、後藤由耶撮影

絵にも癒やしの力

 ストックホルムの中心部にあるノーベル博物館。ノーベル医学生理学賞の授賞式を翌日に控えた9日、大村智・北里大特別栄誉教授(80)はここを訪れ、第1回ノーベル賞関連の展示の前で足を止めた。周囲にとつとつと語ったのは、この時の医学生理学賞候補に挙がっていた北里柴三郎の輝かしい業績と受賞を逃した不運。「僕は北里先生の思いを背負ってやってきたから」。博物館から移動する車中、感慨深げにつぶやいた。

 抗寄生虫薬「イベルメクチン」の基となった抗生物質「エバーメクチン」の発見で、毎年3億人もの熱帯地域の人々を感染症の脅威から守っている大村さんは、化学者の他に、美術愛好家、大学経営者、教育者など多くの顔を持つ。それぞれに関わる人たちは、大村さんを「私欲で動かない人」と評する。故郷の山梨県韮崎市に私費で建設し、収蔵品も含めて市に無償で寄贈した「韮崎大村美術館」や、将来の科学者を育成しようと設立を呼び…

この記事は有料記事です。

残り4822文字(全文5225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです