メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

ノーベル賞・大村智さん「実学の精神」 人の役に立ちたい

医学生理学賞の記念講演をする大村智・北里大学特別栄誉教授=ストックホルムのカロリンスカ研究所で、後藤由耶撮影

絵にも癒やしの力

 ストックホルムの中心部にあるノーベル博物館。ノーベル医学生理学賞の授賞式を翌日に控えた9日、大村智・北里大特別栄誉教授(80)はここを訪れ、第1回ノーベル賞関連の展示の前で足を止めた。周囲にとつとつと語ったのは、この時の医学生理学賞候補に挙がっていた北里柴三郎の輝かしい業績と受賞を逃した不運。「僕は北里先生の思いを背負ってやってきたから」。博物館から移動する車中、感慨深げにつぶやいた。

 抗寄生虫薬「イベルメクチン」の基となった抗生物質「エバーメクチン」の発見で、毎年3億人もの熱帯地域…

この記事は有料記事です。

残り4972文字(全文5225文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです