メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=東京都千代田区で、望月亮一撮影

 東京は割合あたたかな初冬のためか、それとも日々の慌ただしさに気をとられているせいか、12月、1年の終わり、という実感のない師走です。

 空気がぐんぐん冷えていく、その中で新しい年を迎える。寒さは緊張をもたらしますから、どうもしゃんとしないのですね。

 雑誌の「毎日が発見」には、インターネット上に「毎日が発見ネット」があって、その中で、私は「七十二候だより」を連載しています。節分のあと、「立春」に始まる二十四節気はご存じでしょうか。太陽の高さが最も低くなる冬至と、最も高くなる夏至を一つの軸に、その間の春分と秋分をもう一つの軸にして、1年間を24等分に区切った、言わば“もう一つの暦”。1年間を約15日間ずつに区切って、暮らしの目安となる季節感を表しています。

 七十二候は、この二十四節気の、それぞれの節気をさらに3等分(初候(しょこう)・次候(じこう)・末候…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです