メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=東京都千代田区で、望月亮一撮影

 東京は割合あたたかな初冬のためか、それとも日々の慌ただしさに気をとられているせいか、12月、1年の終わり、という実感のない師走です。

 空気がぐんぐん冷えていく、その中で新しい年を迎える。寒さは緊張をもたらしますから、どうもしゃんとしないのですね。

 雑誌の「毎日が発見」には、インターネット上に「毎日が発見ネット」があって、その中で、私は「七十二候だより」を連載しています。節分のあと、「立春」に始まる二十四節気はご存じでしょうか。太陽の高さが最も低くなる冬至と、最も高くなる夏至を一つの軸に、その間の春分と秋分をもう一つの軸にして、1年間を24等分に区切った、言わば“もう一つの暦”。1年間を約15日間ずつに区切って、暮らしの目安となる季節感を表しています。

 七十二候は、この二十四節気の、それぞれの節気をさらに3等分(初候(しょこう)・次候(じこう)・末候(まっこう))したもの。24×3=72、というわけで、自然の変化を細かくとらえています。この二十四節気の気と、七十二候の候を合わせて気候、というわけです。昔のひとも、こうして今と先々の気候を予測しながら暮らしていたのです。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです