日インド

原子力協定締結で原則合意 原発輸出可能に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首脳会談後、記者会見を前に談笑する安倍晋三首相(左)とインドのモディ首相=ニューデリーの迎賓館で2015年12月12日午後0時11分、金子淳撮影
首脳会談後、記者会見を前に談笑する安倍晋三首相(左)とインドのモディ首相=ニューデリーの迎賓館で2015年12月12日午後0時11分、金子淳撮影

 【ニューデリー野口武則】安倍晋三首相は12日、インドのモディ首相とニューデリーで会談し、原発輸出を可能とする原子力協定を締結することで原則合意した。実現すれば核拡散防止条約(NPT)未加盟国とは初めて。安倍首相はインドが核実験を実施した場合は協力を停止すると伝えた。今後、協定の文言を調整し、正式合意を目指す。

 安倍首相は会談後の共同記者発表で、インドが2008年に表明した核実験のモラトリアム(一時停止)に言及し「協定は平和的目的に限定する内容を確保した」と強調した。モディ首相は「我々が共有したコミットメント(約束)を必ず守る」と表明した。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文436文字)

あわせて読みたい

注目の特集