日産婦

着床前予備試験100人対象に実施 17年末まで

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
着床前スクリーニング(PGS)の流れ
着床前スクリーニング(PGS)の流れ

 日本産科婦人科学会(日産婦)は12日、体外受精でできた受精卵の染色体の異常の有無について、子宮に戻す前に幅広く調べる「着床前(ちゃくしょうぜん)スクリーニング」(PGS、Preimplantation Genetic Screening)の臨床研究に向けた予備試験を、女性100人を対象に2017年末まで実施することを決めた。

 PGSを実施しない女性と比べ、流産の減少や妊娠率の改善につながるかなどを検証する。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文615文字)

あわせて読みたい

注目の特集