メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

床運動、白井健三2年ぶりV 豊田国際

 体操の種目別で争う豊田国際競技会は12日、愛知県豊田市総合体育館で開幕し、男女計5種目の決勝が行われた。男子は床運動で世界選手権金メダルの白井健三(日体大)が15.700点で2年ぶり2回目の優勝を果たした。白井は新技の後方伸身2回宙返り3回ひねり(伸身のリ・ジョンソン)を披露し、男子で最高難度となるH難度として採点された。来年2月に予定される国際体操連盟(FIG)の技術委員会で認定されれば、「シライ3」と命名される見通し。H難度ならばこの種目では初となる。ただ、今大会が小規模であることなどを理由に、命名されない可能性も残る。

 男子はこのほか、あん馬は萱和磨(順大)が15.675点で初優勝し、つり輪は山室光史(コナミスポーツ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです