メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

民泊って何?の巻

個人が部屋を有料で貸し出し 外国人に人気だが問題も

[PR]

アンジェリカがホテルを探しています。旅行にでも行くのでしょうか? 実は、米国の友達が日本に来るのだそうです。できるだけ安いホテルを探したいようですが、どこも高いようですね。 千鶴は、「それなら民泊はどうか」と提案しています。民泊って何でしょう? 民泊とは、個人が部屋などを有料で旅行者に貸し出す宿泊サービスです。主に民家か、マンションなどの空き部屋が利用されます。
「民泊」は、日本人の住まいや生活を体験できると外国人の間で人気のようです。 民泊とは一体、どんな仕組みなのでしょうか? 例えば2008年創業の米Airbnb(エアビーアンドビー)は、提供者と旅行者をインターネットで引き合わせる仕組みです。「Airbnb」で東京・渋谷駅周辺を調べると、駅周辺で貸し切りですと平均1万300円、シェアルームで平均3400円など、たくさん出てくるようです。
全国で空き家が増えているし、提供者になれば、かなりもうかりそうですよね。 しかし、問題もあるのです。お金を取って客を宿泊させるには、都道府県知事から営業許可を取るよう旅館業法で定められているのですが、民泊の多くが無許可なのです。無許可営業で逮捕者も出ています。 他にも、近隣住民からの苦情など、民泊が増えるにつれてトラブルも相次いでいます。
せっかく良いシステムなのに、「残念」だとアンジェリカは肩を落としている様子です。 ただ、朗報もあるのです。政府は、国家戦略特区に指定された地域で一定の条件を満たせば、民泊を認める方向です。外国人観光客が急増する中、ホテルの部屋が不足している実態もあるのです。 しっかりとした民泊のルール作りが求められますね。 これを聞いて、文太さんも民泊を始めようと言い出しました。しかし…強面の文太さんでは、お客さんが怖がって帰ってしまうかもしれませんね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです