メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 二胡(中国・北京) 日中文化交流にも一役

コンサートで中国の伝統楽器「二胡」を合奏する日中の奏者=北京の中国音楽学院で

 ステージで、100人近い日本と中国の奏者がともに中国の伝統楽器「二胡(にこ)」で名曲「光明行」や「賽馬(草競馬)」を弾いた。10月10日夜、北京の中国音楽学院で開かれた二胡コンサート。「東洋のバイオリン」とも呼ばれる二胡の独奏は人の声のように抑揚があり、もの悲しいが、合奏では力強さや華やかさを感じさせた。

 コンサートは、日本人の二胡演奏家の練習成果を中国で披露しようと、中国音楽学院と非営利組織(NPO)の「日本二胡振興会」(東京都江東区、会員約700人)が主催した。小学1年から始めた横浜市保土ケ谷区の小学6年、本多ゆとり君や、臨床心理士として患者を前に二胡を弾いている栃木県下野市の稲田美和子さんらが出演した。1980年代から日本に住む中国人演奏家で、振興会の会長を務める武楽群さん(60)は「中国人…

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです