メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

十二月大歌舞伎 美しく壮絶なお三輪=評・小玉祥子

 夜が「妹背山(いもせやま)婦女(おんな)庭訓(ていきん)」の四段目。久々の「杉酒屋」の上演で、求女を挟んだお三輪と橘姫の対称構造と話の鍵となる苧環(おだまき)の由来がはっきりとした。

 「御殿」のお三輪は玉三郎。苧環を愛(いと)おしそうにかき抱いての最期が美しくも壮絶で、苧環が命がけで恋した求女の形代(かたしろ)であることが鮮明に浮かび上がった。松緑の鱶七(ふかしち)に豪快さがあり、歌六の入鹿が怪しさを出した。

 「杉酒屋」と「道行」のお三輪は七之助。「杉酒屋」では幼さをふくんだ蓮(はす)っ葉(ぱ)さを見せ、「…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです