メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

豊田国際競技会 男子 平行棒・鉄棒、田中2冠

 体操の種目別で争う豊田国際競技会最終日は13日、愛知県豊田市総合体育館で男女計5種目の決勝が行われた。男子は田中佑典(コナミスポーツ)が得意の平行棒を15・525点で制し、2年連続4回目の優勝。鉄棒も15・425点で制し、2冠を達成した。跳馬は、前日の床運動を制した白井健三(日体大)が初優勝した。女子の日本勢は、床運動の宮川紗江(セ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです