メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓

名前で苦労…私は「塚本協子」の名前で死にたい

 夫婦別姓を認めない民法の規定が違憲かどうかを巡る訴訟で、最高裁大法廷は16日に判決を下す。東京地裁への提訴(2011年2月)から4年10カ月。若い頃から家父長制度に疑問を抱き、原告団に加わった富山市の元高校教員、塚本協子さん(80)は「どうしても『塚本協子』の名前で死にたい。別姓を認めてほしい」と、判決の日を待っている。【青山郁子】

 塚本さんは生後2カ月で父親が死亡。シングルマザーとなった母親は、塚本さんと姉の姉妹を抱え、義理の両親ら家族11人の塚本家で暮らした。母が夜遅くに仕事から帰っても食事が用意されていないなど、子供心に「嫁や女の惨めさ」を知った。姉は間もなく病死し、塚本さんが家を継ぐことになった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです