メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オオサンショウウオ

忍術に応用された生態 味はフグ似

オオサンショウウオの交雑種=三重県名張市安部田で

 オオサンショウウオの一大生息地である三重県名張市の赤目四十八滝は約1300年前から修験道の修行の地とされ、忍者の修行の場とも言われる。記者は「オオサンショウウオと忍者に何か接点があるのでは?」と思い、市総務室市史編さん担当の山口浩司・副室長に質問。すると、「ありますよ」との返事。忍者とオオサンショウウオに関する逸話を探った。【鶴見泰寿】

 山口さんが一冊の本を見せてくれた。元市職員で、郷土史家の故・寺田貢さん(享年79)=赤目町長坂=が約3年間かけて1977(昭和52)年に発刊した「赤目滝今昔」(非売品)。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. パンダ良浜に妊娠の兆候 11~12月の出産見込み、公開休止 和歌山・白浜

  3. 酒井法子さんの元夫、また逮捕 覚醒剤使用の疑い 警視庁

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです