メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

同性婚 日本でも注目

イラスト・藤井龍二

 異性ではなく、自分と同じ性の人を愛する同性愛者や、心と体の性が異なる人たちは「性的少数者」と言われ、それぞれの英語の頭文字から「LGBT」という言葉も使われます。今も根強い偏見があり、差別を恐れて周囲にオープンにすることができない人も少なくありません。そうした中、勇気を持って積極的に声を上げる当事者が少しずつ増え、同性同士の結婚「同性婚」に理解を示す人も多くなってきました。

 毎日新聞が3月に実施した世論調査では、同性婚に賛成する人は44%で、反対の39%を上回りました。女性や若い人たちに賛成の割合が高い傾向がありました。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです