メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
映画

この1年 伝わった反戦決意

 戦後70年。太平洋戦争を題材にした多くの劇映画、ドキュメンタリーが公開された。中でも、1960年生まれの塚本晋也監督による「野火」は強烈だった。大岡昇平の戦争文学の映画化だ。製作費集めは難航したものの、秘密保護法、安保法と右傾化への危機感から「今作らねば」との思いで自主製作。脚本、監督、主演、撮影、編集を兼ね、配給、宣伝まで自ら奔走した。多くの観客を集め、反戦への決意は伝わったと思いたい。

 荒井晴彦監督の「この国の空」、原田真人監督の「日本のいちばん長い日」は、戦後生まれの2人が、日本人…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1372文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです