メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽のいま

著作権管理/中 ガリバーに挑む風雲児

放送権の契約をめぐる関係図

 業界の「風雲児」と称されるエイベックス。対するJASRACは「ガリバー」である。

 「我々は謀反を起こしたわけではない」。イーライセンス社の阿南(あなん)雅浩社長は苦笑する。彼らの理屈はこうだ。JASRACへ支払う分を資金として回せれば「売れ筋ではなくても、文化的意義のあるCDを発売することも可能になる」と、リスナーら一般利用者の利点を強調する。実際、レコード会社の宣伝用CDからも使用料を取るJASRACに、利用者らは長年不満をためてきたという。「あくまで主体はイー社。エイベックスは行司役として著作権利者、利用者双方の立場が見える位置から、妥当なマージンなどを世に問いたい」

 こうした流れを後押ししたのが、4月の最高裁判決である。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文767文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです