メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽のいま

著作権管理/中 ガリバーに挑む風雲児

放送権の契約をめぐる関係図

 業界の「風雲児」と称されるエイベックス。対するJASRACは「ガリバー」である。

 「我々は謀反を起こしたわけではない」。イーライセンス社の阿南(あなん)雅浩社長は苦笑する。彼らの理屈はこうだ。JASRACへ支払う分を資金として回せれば「売れ筋ではなくても、文化的意義のあるCDを発売することも可能になる」と、リスナーら一般利用者の利点を強調する。実際、レコード会社の宣伝用CDからも使用料を取るJASRACに、利用者らは長年不満をためてきたという。「あくまで主体はイー社。エイベックスは行司役として著作権利者、利用者双方の立場が見える位置から、妥当なマージンなどを世に問いたい」

 こうした流れを後押ししたのが、4月の最高裁判決である。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです