メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽のいま

著作権管理/中 ガリバーに挑む風雲児

放送権の契約をめぐる関係図

 業界の「風雲児」と称されるエイベックス。対するJASRACは「ガリバー」である。

 「我々は謀反を起こしたわけではない」。イーライセンス社の阿南(あなん)雅浩社長は苦笑する。彼らの理屈はこうだ。JASRACへ支払う分を資金として回せれば「売れ筋ではなくても、文化的意義のあるCDを発売することも可能になる」と、リスナーら一般利用者の利点を強調する。実際、レコード会社の宣伝用CDからも使用料を取るJASRACに、利用者らは長年不満をためてきたという。「あくまで主体はイー社。エイベックスは行司役として著作権利者、利用者双方の立場が見える位置から、妥当なマージンなどを世に問いたい」

 こうした流れを後押ししたのが、4月の最高裁判決である。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです