メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活保護訴訟

取り消し請求を3市棄却求める 初弁論 /静岡

 国が生活保護基準を引き下げたのは不当だとして、県内に住む受給者5人が静岡、浜松、袋井の3市に対し保護変更決定処分取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、静岡地裁(細矢郁裁判長)であった。3市は請求を棄却する答弁書を提出した。弁論で、原告の山本定男さん(70)=浜松市南区=は「保護決定を受けた時は1カ月7万200…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです