メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セーラー万年筆

内紛 前社長が「解任無効」主張

 筆記具メーカー、セーラー万年筆の社長人事の発表を巡り、役員間で意見が対立する異例の事態になっている。同社は12日、社長交代を発表したが、「社長から取締役への降格」が伝えられた中島義雄氏は同日、毎日新聞の取材に「(交代は)事実に反する」と反論。14日には同社が「比佐泰新社長」名で「解任は有効」とのコメントを発表するなど、対立が深まっている。

 セーラー万年筆は12日、取締役会の決定事項として、中島氏から比佐取締役への社長交代を発表。これに対…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです