メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 「脱炭素」へ、2020年新枠組み パリ協定採択、初の全世界ルール

 石炭や石油などの化石燃料に頼らない「脱炭素」社会を目指し、世界が協力して地球温暖化対策を進める体制が2020年にスタートすることが決まった。

 パリで開かれた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で12日(日本時間13日)に採択された「パリ協定」は、京都議定書(1997年に採択)に代わり、米国や中国も含めた全ての国が参加する史上初めての温暖化対策の国際ルールだ。

 世界全体の温室効果ガス排出量をできるだけ早く頭打ちにし、今世紀後半に排出の「実質ゼロ」を目指すことを初めて盛り込んだ。目標達成の義務化は見送ったが、条約に加盟する全196カ国・地域が自主的に削減目標を作成し、国連に提出、対策をとり、5年ごとに見直すことを義務付けている。

この記事は有料記事です。

残り1912文字(全文2238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです