メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 「脱炭素」へ、2020年新枠組み パリ協定採択、初の全世界ルール

 石炭や石油などの化石燃料に頼らない「脱炭素」社会を目指し、世界が協力して地球温暖化対策を進める体制が2020年にスタートすることが決まった。

 パリで開かれた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で12日(日本時間13日)に採択された「パリ協定」は、京都議定書(1997年に採択)に代わり、米国や中国も含めた全ての国が参加する史上初めての温暖化対策の国際ルールだ。

 世界全体の温室効果ガス排出量をできるだけ早く頭打ちにし、今世紀後半に排出の「実質ゼロ」を目指すこと…

この記事は有料記事です。

残り1998文字(全文2238文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです