メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 「脱炭素」へ、2020年新枠組み 危機回避への一歩 科学環境部長・長尾真輔

 「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」。人類で初めて月面に降り立った米アポロ11号のニール・アームストロング船長が口にした名ぜりふから46年。地球温暖化を防ぐため、初めて全世界が参加したパリ協定も人類にとっては、船長の刻んだ歩みと同様、極めて歴史的な第一歩と言えるだろう。

 産業革命で始まった石炭や石油などの化石燃料をもとに大量生産する社会は、二酸化炭素などの温室効果ガス…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです