メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 「脱炭素」へ、2020年新枠組み 危機回避への一歩 科学環境部長・長尾真輔

 「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」。人類で初めて月面に降り立った米アポロ11号のニール・アームストロング船長が口にした名ぜりふから46年。地球温暖化を防ぐため、初めて全世界が参加したパリ協定も人類にとっては、船長の刻んだ歩みと同様、極めて歴史的な第一歩と言えるだろう。

 産業革命で始まった石炭や石油などの化石燃料をもとに大量生産する社会は、二酸化炭素などの温室効果ガス…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです