メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 「脱炭素」へ、2020年新枠組み 危機回避への一歩 科学環境部長・長尾真輔

 「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」。人類で初めて月面に降り立った米アポロ11号のニール・アームストロング船長が口にした名ぜりふから46年。地球温暖化を防ぐため、初めて全世界が参加したパリ協定も人類にとっては、船長の刻んだ歩みと同様、極めて歴史的な第一歩と言えるだろう。

 産業革命で始まった石炭や石油などの化石燃料をもとに大量生産する社会は、二酸化炭素などの温室効果ガス…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです