メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「重み感じた」 梶田さんも帰国

ノーベル賞授賞式を終えて帰国し、記者会見でメダルを手に妻美智子さん(右)と笑顔を見せる梶田隆章・東京大宇宙線研究所長=羽田空港で2015年12月14日午後5時22分、竹内紀臣撮影

 ストックホルムでのノーベル賞授賞式を終えた梶田隆章・東大宇宙線研究所長(56)と、大村智・北里大特別栄誉教授(80)が帰国した。14日に羽田空港内で記者会見した梶田さんは「本当にたくさんの方からおめでとうと言われて、改めて賞の重みを感じた」とノーベルウイークを振り返り、メダルを披露した。

 梶田さんは「研究や基礎科学の面白さを、…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです