メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米大統領

「対IS強化」新規対応なし 支持43%に低下

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は14日、国防総省で開かれた国家安全保障会議で、過激派組織「イスラム国」(IS)対策を関係閣僚らと協議した。会議後の声明で現行戦略の効果を強調したが、新規対応などは示さず記者の質問にも答えなかった。米国では今月、カリフォルニア州でIS関連の銃乱射テロ事件が発生し、14日発表された世論調査で、オバマ氏の支持率は過去1年間で最低水準の43%に低下した。

 オバマ氏は約2時間の会合後、カーター国防長官やダンフォード統合参謀本部議長らに囲まれて約8分間にわ…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文856文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです