メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

日本でのフランスパンの普及に務め半世紀を迎えたフィリップ・ビゴさん。「パンづくりに最も大切なのは愛情です」と語った=兵庫県芦屋市業平町の「ビゴの店」本店で、高尾具成撮影

フランス パン職人の3代目→実家で下積み→権威の元で修業→師の推薦で来日

芦屋に出店→20店舗超に→闘病、阪神大震災で縮小→それでも、おいしさのため偏屈者貫く

 フランスパンの普及に尽力してきた兵庫県芦屋市のブーランジェリー(パン屋)「ビゴの店」の社長、フィリップ・ビゴさん(73)が来日から半世紀を迎えた。「パンづくりで最も大切なのは愛情。職人が心を込めてこそ、お客さまに本当のおいしさが伝わる」と語るビゴさんの50年は、日本のフランスパンの歴史そのものだ。【高尾具成】

 「ビゴの店」本店前にあるレストラン「レスカエコビゴ」。テーブルに敷かれたフランス地図には、シェフ1…

この記事は有料記事です。

残り2135文字(全文2419文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです