メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

20日号砲 女子 新潟明訓高で壮行会「県新記録出す」 /新潟

県大会の優勝旗を手に入場する陸上部の選手ら=新潟市江南区の新潟明訓高校で

[PR]

 20日に京都市で開催される女子第27回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)を前に、県代表として都大路に挑む新潟明訓高校(新潟市江南区北山)陸上部の壮行会が15日、同校で開かれた。

 選手8人は、同校と明訓中の生徒ら約1570人が見守る中、緊張した面持ちで体育館に入場。五十田楓主将(3年)は「今年の目標は県高校新記録を出すこと。厳しいレースになると思うが、精いっぱい戦いたい」と抱負を語った。

 大滝祐幸校長は「皆さんは全国で活躍するためにここまで頑張ってきたはずだ。新潟明訓の名を全国にとどろかせてください」と激励。大滝校長が「新潟明訓がんばるぞー!」と腕を突き上げると、壇上の選手らも「おー!」と応え、気合を入れた。選手らは16日に京都へ向け出発する。号砲は20日午前10時20分。【南茂芽育】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです