メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

留学生

「入居不可」は差別 京大生協など、冊子のマーク削除

 京都大と同志社大、立命館大の生活協同組合は、学生向けに発行する賃貸マンションの紹介冊子の中で、物件ごとに留学生の入居の可否を示すマークの掲載をやめることを決めた。学生団体から「人種差別だ」との批判を受けるなどしていた。各生協は「差別の意図はないが、誤解を生まないようにしたい」としている。

 京大生協が毎年発行する冊子「京大生の住まい2015」には、家賃などに加えて留学生が居住可能な物件に「留」マークを付けていた。学生団体「反レイ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです